2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ

« 袋天満宮 | トップページ | 玉ねぎ定植準備 »

2010年11月12日 (金)

紫黒米(黒米)・・・・古代米

 今年(平成22年)産の紫黒米(黒米)です。やっと収穫できました。

P1000519

 JAの直売所(おろろんこ)、道の駅・みなまた(まつぼっくり)、千宝の湯(出水市境町)等に置かせてもらおうかなあと思っています。

 この紫黒米は白米2合に対し小さじ一杯入れて炊飯すると赤飯みたいになります。赤飯のルーツといわれています。

 自分の知人のT下君に、昨日この紫黒米を少しだけ(試食程度)プレゼントしたら、ご自身のブログにこんな風に表現してくれています。

(↓↓の画像をクリックしてみてください)

水俣でがんばる竹下明伸のブログ-kokushimai

 『紫黒米をほんのちょっと加えただけですが、全体がうっすらと、紫色に染まっています。そして、お茶わんに盛ると、いい香りがします。口に運ぶと、味自体は、何がどう変わったという感じではなくて、白米のうまみを引き立てているような、そんな存在感です。それは、淡い紫の色のような、ほのかな働きかけですが、お米ひと粒ひと粒が、いとおしく感じられます。』

 こんなお褒めの言葉を頂くと本当に嬉しい限りです。

 また、一升の焼酎にお猪口一杯入れると半日もすれば綺麗な琥珀色になります。

« 袋天満宮 | トップページ | 玉ねぎ定植準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204881/37629767

この記事へのトラックバック一覧です: 紫黒米(黒米)・・・・古代米:

« 袋天満宮 | トップページ | 玉ねぎ定植準備 »